のほほん帝国

のほほんとした雑記です。

ハンブルクフィッシュマルクト編 ドイツ語初心者の鉄道旅行記(12)

ハンブルクの日曜日の朝はフィッシュマルクト

 ハンブルクの日曜日の朝といえば、港で開催されるフィッシュマルクト。

 このフィッシュマルクトは朝早くからやっているため、早起きしてSt. Pauli Fischmarkt(フィッシュマルクト)へ向かいます。

 2014年のドイツ旅行記シリーズは以下の通りです。

 

日曜日の早朝からすごい人人人

 日曜の朝早くから人でごった返す港。

 港町特有の活気があっていいですね。

 

 なんかバナナの叩き売りみたいなものもたくさんやってます。これはバナナじゃないですけどね。

 

 食料品だけではなく、衣料品やアクセサリーなんかも売ってます。

 

 とは言え、やはり食べ物の店が気になりますよね。

 

 お腹が空いてきます。

 

 名残惜しいですがハンブルクのフィッシュバーガーも食べ納めです。

 

 本当にどこもかしこも人だらけです。

 

近くの倉庫はビアホールに

 近くの倉庫は朝からビアホールになっていてバンド演奏も見られます。

 朝から出来上がっている人もかなり多いです。前の日の夜から飲んでいて、そのまま朝ここに来る人もいるんでしょうね。いずれにせよ、朝から飲む酒が世界で一番うまいと思いますよ、僕は。

  とまぁ実際にはすぐに見終わる規模なのですが、ハンブルクに来たら是非見るべきです。毎週日曜日の早朝ですよ!是非!

www.hamburg-travel.com

 

 旅も終盤、次は音楽隊で有名なあの街ですよ!