のほほん帝国

のほほんとした雑記です。

男女の採用比率に対する会社の本音、シングルマザーを雇用した思わぬ効果

正直なところ、知的労働では女性の方が優秀だと思う

 僕は知的労働において、男性よりも女性の方が優秀だと思っています

 公平な条件で競争したら、男性はおそらく女性に勝てない。そう思わされるくらい、本気で仕事をしている女性は強いです。

 

 この記事では、男女の採用比率についての人事の本音、それに対する経営陣の意識、女性がキャリアをあきらめてしまう原因とその責任の所在を考えていきます。

 

 また、「シングルマザーを中途採用で優先的に雇用」という、変わった採用方法で女性活用に成功し、成果を上げた例も紹介します。

 

 日本の労働人口は減少しているので、女性のキャリア継続は男性にも重要な問題です。僕は育児の経験から、いかに育児と女性のキャリア継続の両立が難しいかを思い知らされている状況です。

 

 

僕の会社の男女比率は8:2だが、人事はもっと女性を採用したい

 僕の会社の男女の在籍比率は約8:2。古典的な会社です。

 

 僕の会社の人事担当の話では、採用試験時に公平に能力審査すると、男女の採用比率は約2:8になってしまうそうです。それはまずいので、男性評価に下駄を履かせ、7:3くらいで採用しているそうです。

 

 人事も優秀な人材を採用したいのですが、男女の採用比率を5:5で採用したところ、経営陣からお叱りを受けたそうです。

 

「そんなに女性を採用してどうするんだ!」

 これが経営陣の本音です。

 経営陣には、「女性社員は、仕事でようやく一本立ちする頃に結婚や出産を機に辞める」というイメージが残っているのでしょう。教育コストを回収したい経営陣の気持ちも理解できます。

 

何が女性のキャリアをあきらめさせているのか?

 しかし、結婚や出産でキャリアを断念するのは女性社員自身が負うべき責任でしょうか?それで女性の就業機会が制限されるのは間違いです。

 また、共働きが普通の時代です。女性社員も結婚、出産後のキャリア継続を望む人が増えています。

 では何が女性がキャリアを断念させているのか?以下を問題と認識しています。

  1. 保育園の不足という社会福祉の問題→国の責任。国が専業主婦に育児を押し付けてきたツケ。
  2. 残業前提の仕事→会社の責任。高度経済成長の成功体験にすがり、効率化を無視してきたツケ。

 要は、保育園が充実して、定時内に仕事が終われば、女性はキャリアを断念することなく、スムーズに仕事に復帰できるはずです。

 

 たったこれだけですが、国も会社も本気になっていない日本社会にとっては難易度の高い問題のようです。しかし、これらができている先進国はいくつもあるのですから、日本もできるはずです。

 

 

僕の家庭の場合

 ちなみに、僕の妻は「短縮勤務」制度を利用しています。これは、育児と仕事の両立を図るため、1日の労働時間を短縮する制度です。

 娘の保育園は18時まで預かってくれます。定時の17時で仕事を終えて迎えに行ければ、「短縮勤務」を使う必要などないはずです。しかし、この制度を利用せざるを得ないのは、仕事が残業前提になっているからです。

 

 

シングルマザーを優先的に雇用した思わぬ効果の事例

「私が人事やってた時は中途採用でシングルマザーを優先的に採用していたよ。」

 そう教えてくれたのは、僕の女性カウンセラーです。彼女が会社員時代に人事担当だった頃の話ですが、参考になる事例なので紹介します。

 

 その会社はアパレル関係で、もともと女性が多い職場でした。しかし、女性を含む他の社員と比較しても、シングルマザーの働きぶりは優秀だったそうです。これは、シングルマザーは会社を一歩出たら、母親の役割が待っており、1分たりとも無駄にできないので、定時内で仕事が解決するように効率重視で働くから、だそうです。

 また、シングルマザーの場合は頼れるものが自分自身だけなので、働く上での覚悟が違うそうです。

 この効率重視の働き方で、偏った中途採用に難色を示していた経営陣を、結果で黙らせたそうです。

 

 育児をしていると時間配分を見直さないと何も達成できません。特にワンオペ育児を強いられる場合は、だらだらと仕事はできません。

 

 これはおそらく、在宅ワークを安易に取り入れても解決しない問題です。

 

 

自分の子どもは娘、将来のキャリアをどう考えるか?

 僕の子どもは娘、つまり女性です。まだ幼い娘ですが、彼女が大人になる頃には、「家族をもつ」という自然な行為のために、キャリア断念せざるを得ない、いびつな世の中から脱却していることを望みます。

 もし日本がダメでも、すでに実践できている国はあります。娘には広い視野を持ってもらいたい、そう願っています。