のほほん帝国

のほほんとした雑記です。

アロエベラジュースというネズミ講(マルチ商法)に騙されかけた話

僕がネズミ講にダマされかけた話

 アロエベラジュースって知っていますか?

 これネズミ講(マルチ商法)なんですよ。

  

 今日は僕がネズミ講にダマされかけた話をします。

 

 

 

当時の僕は会社を辞めたかった

 当時の僕は新卒3年目、仕事には慣れましたが、業務はメインフレームの管理でした。今も金融系で細々と使われている古いコンピュータです。

 旧世代の技術なので、技術者として焦りを感じていました。

 

「メインフレームの知識だけあってもなぁ。」

 

 JavaやUNIXとは無縁の世界でした(IBMさん、メインフレーマーで雇ってくれません?)。

 

「こんなことなら、会社辞めてワーキングホリデーに行きたい。」

 

 しかし、当時の英語力は中二レベル。そこで国際交流会館(留学生のサポート施設)に英語のタンデムパートナー(外国人に日本語教える代わりに英語を教えてもらえる)募集へ登録しました。

 

 連絡はすぐ来ました。

 

「私は日本人ですが、夫がオーストラリア人です。一度会ってみませんか?」

 

 僕はその人に会うことにしました。ネズミ講への入り口とも知らず...。

 

 

ネズミ講は不労所得がキーワード

 喫茶店でその人(以下Mさん)に会いました。Mさん一人でした。

 

 (夫のオーストラリア人に会いたいのに...)

 

 と思いつつ、世間話をします。そこで、

 

「『金持ち父さん貧乏父さん』って知ってる?」

 

 

 はい、来ました!ネズミ講定番ワード!

 今ならこの時点でさようならです。

 が、当時の僕はその本に「ほぇー、不労所得すげー」と感心していたバカでした。

 

 そこから、不労所得の話が始まり、

 

「不労所得のこと勉強してみない?有名なBさん主催の勉強会があるんだけど。」

 

 この時僕は、Bさんはエンジェル投資家だと勝手に想像しました。貴重な機会だと思い、勉強会に参加を決めました。

 

 ご想像通り、Bさんがネズミ講の元締めなんですよ...。

 

 

BMWでお迎え、そして始まる勉強会

 勉強会の日、最寄り駅までMさんとその先輩が、BMWで迎えに来ました。

 今思うと、型落ちの3シリーズなので、すごくないですけどね。

 

 勉強会会場には70人くらいいました。

 

 そしてBさん登場。その時の会場は「教祖様登場!」の盛上りでした。

 

「Bさんてすげー投資家なんだな。」

 

 僕はまだのんきです。

 

 勉強会でBさんは以下のようなことを言ってました。

 

  • 不労所得で、一年の半分をハワイで自適に過ごしている
  • 好きなことで生きるのは素晴らしい
  • 不労所得は素晴らしい
  • 引き寄せの法則は本当にある
  • 「出逢いに感謝」を連呼

 

 今思えば、成功例を自慢して、旬のワードで気持ちを操る常套手段です。

 上記のワードを使う人は疑った方がいいです。

 

 そして、肝心の事業内容の説明がないまま、勉強会は終了しました。

 

 

 

ようやくネズミ講だと気づく

 再びBMWに乗せられ、僕はBさんの先輩の家へ連れて行かれました。

 ここで事業内容の紹介です。

 

「このアロエベラジュースは本当に健康にいいのッ!みんなにおすすめしたいのッ!」

 

 

 

 アッーー!

  バカな僕でもここで気づきました。これネズミ講じゃん!

 

 つまり、【Bさん→Mさんの先輩→Mさん】というネズミ講の階層構造があって、僕はMさんの下階層(収益の養分)になるところでした。

 

「このアロエジュースはセットで本来40,000円。Mさんの紹介だから35,000円でいいわ。」

 

 いや、高過ぎでしょ!

  コンビニのアロエドリンクの方が安くてウマイでしょ。

 

 そして僕は断りを入れ、その家を後にしました。断った後の態度の急変は忘れられません。

 

 現代風に表現すると「社畜乙w」でした。

 

 でも、その人たちも不労所得といいながら、かなりの労力を使って消耗してましたけどね。

 

 

この構造はブログの世界にも当てはまる

 結局何が言いたいかといえば、「不労所得」、「好きなことをして生きる」を語る人は新たな養分を探すのに必死なんです。

 

 これはブログの世界にも当てはまります。Bさんはたくさんいるんです。

 

 

 会社を辞めた人が「社畜オウンドメディア」で転職サイトへ誘導?何の冗談ですか?

 僕は会社の環境を少しでも改善しようと努力しているのに。

 はっきり言って邪魔なんですよ。

  

 

おわりっ